なぜ、大手企業にフリーランスエンジニアが入り込めるのか?

ベンチャー企業は当然のこと、大手企業にもフリーランスエンジニアは存在します。何故、大手企業にフリーランスエンジニアが入り込めるのか?それ

は、大手企業には技術力がほとんどなく関連会社に仕事を丸投げするからです。

大手企業には技術力はほとんどなく関連会社に仕事を丸投げする

システムエンジニアは技術職だと思いますか?確かに技術用語は沢山使いますし、新しい技術用語も次々と覚えなければなりません。しかし、それらの技術用語は会話の中で使うか、ドキュメントの中で使うことはあっても、それらを使って技術者らしい、言い換えれば技術力の必要な仕事はあまりしません。特に大手企業のシステムエンジニアはその傾向が強いです。大手企業の場合、実際にシステム構築を行うのは関連会社にお願いすることがほとんどだからです。


大手企業はどのような仕事をしているのか?

大手のシステムインテグレーターが顧客のサービスを構築する場合、お客様と担当営業の間である程度話がまとまると、システムエンジニアに対して打ち合わせへの同行依頼がきます。その時、お客様のもとに出向き話を聞くのが、プロジェクトリーダおよび中心となるメンバーとなります。その後、お客様と数回の打ち合わせや、メール等での確認作業を経てシステム仕様書を作成します。

そして関連部署に仕様書をもとに相談し、セキュリティーまで考慮された「ハードウエア設計書案」が提出されます。その案をもとに仕様と照らし合わせながら数回打ち合わせを繰り返してハードウエア設計は終了します。その後のハードウエアの発注作業、保守契約まで関連部署が行ってくれます。その後、システム仕様書とハードウエア設計書をもとに、概算見積もりを担当営業に示し、担当営業はそこに営業経費や利益等を加えてお客様に提示して合意が成れば本契約となります。


本契約が決まると、幾人かのシステムエンジニアが集められプロジェクトが組まれます。それぞれが担当する部分を決めてプロジェクトはスタートします。が、プログラミングなど作り込まなければならないソフトウエアに関しては、担当者から関連会社に開発をほぼ丸投げします。時には関連会社から仕様に関する質問や、このような形にしたいという相談などが上がってきますので、個々の担当者は各所に確認の上、回答するという仕事は発生します。

以上のようにシステム開発などを丸投げしてしまいますので、基本的には自らプログラムを組むことはありません。あとは出来上がってくるのを待っていれば良いのです。大手企業の仕事はこのような状態ですので、開発そのものにタッチすることはほとんどなく調整と打ち合わせ明け暮れてシステム構築は完成してしまいます。

フリーランスエンジニアが大手に入り込める理由

ここで本題に戻りますが、フリーランスエンジニアが大手企業に入り込めるのは、言ってしまえば大手企業に技術力が足りないからです。基本的には手を動かすエンジニアは居ないと言えます。またIT業界は新技術が次々と生まれており、大手の社員だけではそれら技術にキャッチアップすることが出来ません。そこで、外部のエンジニアを常駐させてまるで自社の社員のような扱いでプロジェクトを任せたりします。

 

任せるのは関連会社からの出向社員が中心ですが、時には外部のコンサルタントだったり、実力さえあればフリーランスエンジニアにも任せられる可能性もあります。実際、力のあるエンジニアは会社の大小・組織の所属関係ありません。一部大手企業は、自社社員では無理な案件をスペシャリスト部門として別途会社を作り、自社とは異なったチーム編成で優秀な人材を招き入れるようなことをしています。このように、フリーランスエンジニアでもその契約内容によっては大手に入り込んで作業をすることがあるのです。