フリーのエンジニアとコンサルタントの違い

フリーのエンジニアとフリーのコンサルタント、いわばエンジニアとコンサルタントの違いとも言えますが、何が違うのか考えたことがあるでしょうか?

エンジニアの中にはITコンサルタントにちょっとした憧れや魅力を感じる人もいるかと思います。今回は、ITコンサルタントとしての必要スキルを紹介し、エンジニアとの違いを説明していきます。

ITコンサルトに必要なスキル


ITコンサルトは大きく分けて下記の3つのスキルが最低限必要です。
・IT関連の技術知識
・コミュニケーション
・問題分析
これらは、あくまでも最低限です。

まず、「IT関連の技術知識」ですがこれはITのコンサルタントなので必須です。しかし、コーディングが必ずできないと駄目かというと、そうではありません。もちろん習得していることにこししたことはありませんが、実務をする上では必須ではありません。概念的な事が分かっているだけでも十分です。

ITコンサルタントは、もっと上位概念を担当することになるからです。 ただITコンサルタントは、現場を管理するスキルは必要になります。これが次の「コミュニケーション」のスキルです。IT化などの戦略を立てた後の構築する際にも関わる際に、全体マネジメントなど要所となる立場で参画することがあるためです。PMOに求められるようなスキルとも言えます。

PMOとは”Project Management Office(*1)”の略です。日本語では「プロジェクトマネジメントオフィス」、「プログラムマネジメントオフィス」と一般的に呼ばれます。PMOは、組織内における個々のプロジェクトマネジメントの支援を横断的に行う部門や構造システムを言います。

PMOとは

コミュニケーションスキルはプロジェクトの立ち上げなど様々なケースで関わることだけでなく、ステークホルダー(利害関係者)との会話でも求められます。利害関係者は多岐に渡るので、それぞれの関係者と調整・交渉を行い顧客の要望を満たした結果となるようにする事が求められるのです。コミュニケーションと一言でいっても内容は様々で、対人折衝だったり、現状を分析して改善策を提案することだったりします。提案時には、資料で説明することもありますので、万人に分かりやすい資料作成スキルも必要になります。

「問題分析」のスキルは、ITコンサルタントが大局的な動きを求められることが多いためです。PMOは内部の人間が担当する事が多いので、外部からの視点により問題点を洗い出し、ITの戦略やプロジェクト運営に盛り込んでいく必要があります。そのために、何か問題がないか?と常にアンテナを張り巡らし、自発的に問題分析を行うことで付加価値を提供していくのがITコンサルタントになるのです。

エンジニアとコンサルタントの向き不向き


ITコンサルトは、
・IT関連の技術知識
・コミュニケーション
・問題分析 の3つが最低限求められると説明しました。一方のエンジニアは、IT関連の技術は当然のこと、他の二つはあまり求められていません。もちろん、エンジニアでコミュニケーション能力が高いと仕事は捗りやすいのは事実となりますが、現状では依頼された仕事や指示書通りにプログラミングなりサーバー構築をすればOKです。

このようにエンジニアはどちらかというとある問題に対して技術的に解決を行うだけですが、ITコンサルトは技術はもちろんのこと、コミュニケーションを使って組織的に解決しようとする節があります。 つまり、コミュニケーションが苦手で好きではない人はコンサルタント向けではなく、必然的にエンジニア向けと言えるでしょう。

逆に言えば、エンジニアであれば多少コミュニケーションに難があってもやっていける、とも言えます。もちろん、時代の流れにより求められるスキルは変わりますので柔軟にスキルを習得して対応していく必要があります。

以上のように、エンジニアとコンサルタントそれぞれ求められるスキルの違いを考えるだけでも、単に技術的な学習をするだけでは得られない、新しい発見があります。他の職種に興味がある場合、その職種で求められるスキルが何なのかを考えるだけでも、自分に足りないこと知識や経験を知ることができます。