フリーランスエンジニアが炎上案件を避けるために考えておくべきこと

 

会社員、フリー問わずエンジニアとして働いていると時として火を噴く案件に出会うことがあります。 要件の定義や設計、プログラミング等で品質や納期に問題がでて、プロジェクト運営が想定していたスケジュールに当てはまらなくなる。 コストが増大する。 人員の大量投入。 残業地獄。 いわゆるデスマーチといわれる状態です。


会社員として活動するうえでは、(普通の会社に所属していれば)残業代は出るし、組織としてプロジェクトの火を消すための働きかけが行われるため、まだましなことが多いです。 フリーランスエンジニアにそんな案件が降りかかってくると、より大変な状況になりがちです。 契約の範囲にもよるのですが、顧客との約束があいまいならば自分で鎮静化を図るしかなく、その間賃金の追加もなく、委託契約なら新たに収入を得ることもできず、他の仕事に掛ける時間は取れない。 誰も後始末をしてくれる人は現れないのです。


そんな悲惨な状況が生まれえる炎上案件をいかにして避けるか。 すべては避けられないとしても、できるだけ炎上案件に近づかないために考えるべきことを、「スコープ」「キーパーソン」の二つのキーワードを中心に本記事では考察します。

あなたの案件、スコープは明確ですか?

 

一つ目の大切なキーワードはスコープです。 自分のやらなくてはいけないこと、責任を負う範囲(スコープ)はどこまでなのか。 これを明確に規定し、顧客と合意、可能であれば契約に盛り込んでおきたいところです。
スコープが明確に定められていないと、自分の予定していた範囲外の仕事が降りかかって来ます。

例えばWebシステムの開発案件のはずなのにネットワーク設定もしといてね、なんて言われるのはフリーランスエンジニアあるあるかもしれません。 その場で口論しても言った、言わないの水掛け論になることも多いです。

このスコープをプロジェクト開始時に上手に決めておくことは容易なことではありません。 なぜなら発生し得るタスク、トラブル要因などをプロジェクト全体を見据えて、しかも顧客側の視点から洗い出す必要があるからです。

全てを明確にするには大きなコストがかかることもあり得ますので、まずは下記のようなスコープを示す表現方法を身につけましょう。 ・納品対象物の定義 ・検収条件のリストアップ ・作業対象行程をスケジュール上で明確化 ・システム全体図で対象範囲を示す

顧客キーパーソンは約束が守れる人ですか?

 

もう一つ大切なことは顧客のうち要件/仕様を決める人、いわゆるキーパーソンがしっかりといること。 エンジニア側の意向も汲める人物であることです。
当たり前のことじゃないか、と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、そうではないことも多々あります。 顧客側の態勢が整っておらず、なおかつ急ぎの案件であったりすると、なんだかよくわからないまま窓口となる担当者だけ決まっている状況だったりします。


このキーパーソンがいない場合や力量不足の場合、要件/仕様はぶれやすくなり、関係各所との連携が取れず納期も延伸しがちです。 フリーランスエンジニアにとって当然嬉しくない計算しづらい仕事となってしまいます。
そのような顧客側の状況を見抜くのにとれる手だての一つが、間に信頼できるエージェントを挟んで案件を探すことです。 顧客ときちんと関係を作っているエージェントならば、顧客側の体制もつかんでいます。


一方でクラウドソーシングによって案件を探す場合は注意が必要です。 案件の応募の前に探りを入れて自分でリスクを回避しなくてはならないからです。

潜在的な危険性のある案件に近づかないためには

 

二つの大切なキーワード「スコープ」「キーパーソン」を見定めて案件を選ぶことが、炎上案件を避けるための秘訣です。 これらを見極めるためには経験を積み、案件に多く触れることで炎上案件のにおいを嗅ぎつけられるように経験を積むことが必要です。 案件を紹介してくれるエージェントなどを利用しながら嗅覚を鍛えていきましょう。



「自分に合う仕事を選ぶことができる」ことはフリーランスエンジニアならではのよいところの一つです。 自分に合った仕事と出会い、充実したエンジニアライフをお過ごしください。