フリーランスエンジニアに俺はなる!未経験者からなるための準備の仕方

 

 

フリーランスエンジニアになろうと考えているあなた、どんなスキル/能力が必要とされるか想像はついていますか? フリーランスエンジニアにはエンジニアに必須の情報処理技術力は当然必要ですが、それ以外のスキルも必要となってきます。 自分の仕事、場合によってはチームやプロジェクト単位でも管理を行う「マネジメント能力」、自分を売り込んで価値を高める「営業スキル」、収入や経費、税金を管理する会社で言うところの総務の仕事。 フリーランスは一人ですべてをこなす必要があるため、覚えておきたいことはいくらでもあるといえます。

今回は業界未経験からフリーランスエンジニアを目指す場合に事前に準備したいことをまとめてみました。フリーランエンジニアになるための第一歩に役立てて頂ければ幸いです。

最低限身につけておきたいこと



フリーランスエンジニアといってもその専門とする情報処理技術的なスキルは様々です。
・web系全般のエンジニア
・web系でデザインも含めフロントエンドに特化したエンジニア
・SIでの機能の設計を行う狭義のシステムエンジニア
・レガシィなCOBOLなどの汎用機に特化したエンジニア
・スマホやデスクトップアプリを開発するエンジニア etc

これらのエンジニアの中でも関わる行程で呼ばれ方が変わります。 (例えばプログラミングがメインのコーダー、テストがメインのテスターといった具合です。)
まず自分はどんなエンジニアになりたいのか、ある程度考えておく必要があります。

その上で自分に必要な情報処理技術的なスキルを吟味し学んで身につけます。 独学でも情報はありますし、プログラミングスクールなどの教育機関に通って学ぶのもよいでしょう。 目安としては人に自分の作っているものをざっくりとまとめて説明できるようになるぐらいまでは学んでおきたいです。 技術面で極めようと思ったらきりがないのである程度で良いです。


次にプロジェクトを進める手法について表面だけでもいいので知っておくと、実務に際してスムーズです。 対象とするポジションや業態によりプロジェクトの推進/管理手法は変わってきますが、ウォーターフォールやアジャイルなどの代表的プロジェクト推進手法は押さえておきましょう。

またプロジェクトを管理する側/管理される側いずれに立とうと、管理手法について知らなければ自分の仕事の状態を相手に伝えることもできません。 WBSの作成、タスク管理、スケジュール/進捗管理、課題/障害管理など管理対象を知っておくだけでも、活動の仕方も変わるはずです。

また、フリーランスに限らずエンジニアは問題発生時に解決方法を調べて実施することが求められます。 組織のナレッジが使用できないフリーランスでは、なおさら自分で物事を解決する手腕が問われます。

情報処理技術以外を学ぶには

 



さて、情報処理技術的なことは独学や教育機関で学べるとして、プロジェクトの推進手法やプロジェクトの管理手法、問題解決方法などはどのようにして身に着けるのが良いのでしょうか。

ITILと呼ばれるITサービスマネジメントについてまとめた書籍群や、PIMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)といった書籍が存在しているため参考にしてみるとよいです。 その上で、自分で1プロジェクトを仮想して、プロジェクトマネジメント込みで何かトライアル的に一つのものを作ってみましょう。 このとき、最終ゴールはアプリの完成ではなく、アプリのリリースまでを想定に入れるようにしましょう。

また、営業的なスキルについてはWebマーケティングの本などから知識を学び、クラウドソーシングなどで提案し、案件をとってみる実践型が一番習得に近いかもしれません。 営業的なスキルはもとより、プロジェクトの全体像を見るために副業でエンジニアにトライアルするのもよいでしょう。 実践に勝る学びの場はありません。

フリーランスになる前に他の仕事で営業に関連する業務を行っていた場合は、大筋ではそのスキルが生きてきます。 違いは売るものが自分のスキルと時間に変わることです。 自分にできることをしっかりアピールし、遂行可能な案件を探すことが必要となります。