フリーランスエンジニアの仕事の切り替え時

どこの業界で仕事をしていても、仕事が辛かったり給与面で不満があったり、人間関係のトラブルなどを含めて多くの理由で転職をする人はいます。フリーランスエンジニアでも例外ではありません。特にIT関連エンジニアは他の業界よりも離職率が高い業種になっています。

エンジニアとしての素質と職場環境の合う合わない、は異なる



ただ仕事に合っているか、合っているかは初期の段階で判断するのは難しいです。というのは、仕事内容とは別の要因である場合が多いからです。例えば、仕事内容に関する説明が仕事開始時になかったりする場合や、技術者としての正当な扱いを受けられる環境出なかったりするケースです。

このケースでは優秀な人でも仕事を辞めたくなります。 実際、IT業界の開発業務や運用管理を離れ、営業や事務職などへの再就職を希望する人も多いですが、このような人の多い退職理由が、自分に合っていない業務内容だったことや、得意な言語ではなかったからという退職理由を言う人です。

これは非常にもったいないことです。 仮にIT業界でレベルアップしたいのであれば、新しい職種や仕事内容でも、積極的に取り入れる事が基本ですし、職場によって求められるスキルも大きく変わります。例えばプログラマーとして働き始めた数日で、IT業界に自分に適しているかどうかは、正直にいって分かりません。

ひょっとしたら、その職場と相性が悪いだけかもしれません。もちろん、事前に聞いていていた仕事内容と異なる仕事内容であったのであれば、それは契約の問題です。要は、自分のエンジニアとしての素質と職場環境は全く別のことになるのです。この勘違いは間違えやすいです。

スキルアップ・キャリアチェンジしたい時の判断



プログラマーやシステムエンジニアは技術職でもあるので、経験を積んで特定の職種での実績があれば、新たな職場でのレベルアップや収入面での大幅な増加も期待できます。それだけではなく、優秀な人材として認められており、プロジェクトを率いるようになれば、それだけでも多くの人脈を得ているはずです。

単にエンジニアとしてではなく、今後に続く付き合いになる可能性もないわけではありません。フリーランスエンジニアとしてではなく、システム開発・運用の受託としての独立などを考えた時、仕事を得る得意先としてなり得るケースがあります。

その一方で、時代に合わせた技術を習得し、今後起こり得る変化にも対応しなければなりません。例えば、数十年前には単にホームページを制作していれば、どんな人でも数十万円稼げていたようですが、現在はそれほどおいしい仕事ではなくなりました。

インフラ関連業務で言えば、これまで自社でサーバーを持ちいわゆるオンプレミス環境で業務システムを構築してきましたが、今後はAWSといったクラウド環境へ移行するか、または最初からクラウド環境上で業務システムを導入することになっています。 これまで学んだ技術がすべて無意味になるわけではありませんが、過去に行っていた業務が無くなり、新しい業務を新しいスタイルで行う変化が起こり始めています。

この変化をいち早くキャッチし、数年前にキャリアチェンジした人の多くが現在、成功している印象があります。つまり、変化に応じて仕事を切り替えると将来良い結果になる可能性があるのです。

仕事を切り替えるタイミング

以上のとおり、エンジニアは仕事をする環境が悪かったりする場合には、その環境から離れる意味で仕事を切り替えるべきですし、技術の変化をキャッチアップして将来実りのある仕事であると思うなら、その仕事を得る為に仕事を切り替えると良い事が分かります。

もちろん、長年仕事をしてきた信頼を捨てる必要もありません。いずれにせよ、これらの要因を天秤にかけて、今の仕事を続けるべきか、切り替えるべきかを考えることになります。