フリーランスエンジニアは50代になっても可能か?

IT業界での50代の役割について

業界によって50代の役割という物は大きく異なります。例えばプロスポーツ選手などの場合には、中には50代になっても現役として活躍をしている選手もいますが、やはり全盛時よりは実力は劣っています。

そして、多くの50代は後輩たちの指導者などになっている事が多いです。IT業界での50代の役割の多くは、仕事や人を管理するような部署で会社の運営を行う役割になっています。一般的な企業でもやはり50代となると人材の育成や管理といった管理の力を求められる立場になる事が多いのですが、IT業界でも企業に属している場合もほぼ同じです。しかしフリーランスエンジニアは企業には属していませんので、これとは若干異なります。

 

50代でも活躍の場所は充分にある

では、50代のフリーランスエンジニアは仕事がないのかというと、少なくとも今までエンジニアとしてプログラマやシステムエンジニアとして働いていた人であれば、必要とされる場所はまだまだあります。

例えばプログラマーであれば、これまでのこの50代の世代で中心であったプログラミング言語です。プログラミング言語はその他の目的に応じて開発されたプログラミング言語を用いて開発をするわけですが、今現在、若手に人気のプログラミング言語はWEB系などを中心で、どちらかというとPHPといった比較的容易にマスターができる言語が主流です。




逆に、50代のフリーランスエンジニアが必要とされる開発環境は、昔つくられたプログラムで汎用型の代表でもあったJavaを用いたシステムになります。今の若い世代の人がJavaを使わないというのは、中には古い言語だから覚えないという人もいますし、流行りのWEBサービス開発の現場では使われないからです。

よって、Javaを利用したシステム開発時には、かつての経験者として50代のフリーランスエンジニアにも仕事がある状況になるわけです。   また、いつの時代もIT業界はマネージャー不足でWEB系のシステム開発においても、過去の実績があれば50代でもマネージャーとして採用したい企業があります。

実は、WEB系の企業においてもシステム開発を引っ張っていくリーダークラス、マネージャークラスの人材がおらず、年齢を度外視して採用活動を行っている企業が少なからず存在します。また言語が違えど、顧客の仕様に基づいたシステム開発を行う流れは、ある程度決まっており、それを一旦身に付けた上で年上として若手を引っ張るポジションを担っていく気概があれば、会社にとっても重宝したい人材になり得ます。

フリーランスエンジニアでもマネージャーのような立場に似たコンサルタントのような人も存在します。

これからの50代フリーランスエンジニアとしての姿勢

50代のフリーランスエンジニアともなると、職人気質であったり、昔の開発環境が基本になっている事から、現在の主軸になっている世代と同じ開発チームで仕事を行うと、場合によっては邪魔な存在という事にもなりかねません。また少なくとも20代や30代のエンジニアに比べれば、新しい言語に対する学習能力や日々覚える事の多い業界の流れに対応する力は劣っている、と言えます。  

逆に言えば、50代のフリーランスエンジニアは考え方の違いで戦略的な部分で若い世代に勝るようにするのがポイントになるといえます。

例えば、若いエンジニアにありがちな開発者目線のシステムエンジニアではなく、営業やエンドユーザーの事を基本に考えたシステムエンジニアを目指す事を考えるだけでも、違いがあるといえます。どちらにしても、様々な状況変化に対応ができるようにしていく事が、50代のフリーランスエンジニアにとって最も重要な事になります。  

以上のように、フリーランスエンジニアは50代になっても可能かどうか?については、若手とは違った技術領域を持ち、経験者としての知識・知恵を発揮していくことでフリーランスエンジニアでも可能と言えるでしょう。もちろん、そのための経験と努力が必要になってきます。