社内SEとフリーランスエンジニア

社内SEとフリーランスエンジニアの技術領域の違い

社内SEは、どちらかというと特定の一分野だけに精通しているような専門職ではなく、広い知識が求められる職種です。特にPCに関しては、ある程度のスキルを身に付けておく必要があります。

例えば、社員の入社や退社に伴うアカウントの追加や削除・定期的なバックアップ作業・そして不具合時の対応などです。さらに、OSのインストールや周辺機器への接続・社内ネットへの接続設定・不具合時の対応などが仕事のメインになります。



社内SEは便利屋さんのようなものです。社員が1台づつ使用しているPCに対してはもちろん、コンピュータやプリンターなどに不具合が生じた場合は、まず最初に問い合わせされると思ってください。

それらトラブル対応ができなかったとしても、ある程度の誠意を見せて修理する業者へ電話をする、といった対応が必要になります。

つまり社内SEは、本来の業務内容であるPC関連だけの面倒を見ていればいいというものではないのです。社内SEは楽だから社内SEになりたいという人が多いですが、実はPC関連の仕事だけ行うだけではなく、どちらかというと人のお世話をする職種であり、人のお世話が好きではないと決して楽な仕事とは言えないのです。

さらに言えば、相手が自分の上司など、偉い人の場合の対応力も大切になります。こう言っては難ですが、年配の人はPCや機械には苦手なことが多く、専門用語を使うなどして難しく教えてしまうと、偉そうな奴だと思われてしまう危険があります。そしてこのような場合でも、社内SEとしては、その人のレベルに合わせて対応する能力が求められます。言葉遣いはもちろん、子供に言い聞かせるような馬鹿にしているともとられてしまう言い方にならないように注意する必要があり、実はかなり気を遣うのです。



一方のフリーランスエンジニアは、特定期間に特定の仕事を行うことになります。社内SEのような他人のパソコンの面倒を見たり、上司の顔色を伺ったりすることはありません。そもそもフリーランスエンジニアは、組織に所属しているわけではありません。

自分の専門知識を用いてをサービスを提供するのが仕事となります。例えば、IT関連のフリーランスエンジニアが行う仕事しては下記が挙げられます。
・機械学習エンジニア ・汎用機エンジニア
・ブロックチェーンエンジニア
・PM(プロジェクトマネージャー)
・フロントエンジニア
・インフラエンジニア
・サーバーエンジニア
・コンサルタント
・プログラマー
・コーダー
・Androidエンジニア
・iOSエンジニア
・データベースエンジニア
・データサイエンティスト
・セキュリティエンジニア
・AIエンジニア(人工知能)
・ネットワークエンジニア

フリーランスエンジニアは以上のような仕事を、特定の期間に行うことが基本となります。また、これらは請負契約、準委任契約などの契約形態の違いや、自宅作業、客先作業などにも分かれます。さらに、プログラマーが時にコンサルタントを行うこともありますし、同時に複数契約することも可能です。  

社内SEとフリーランスエンジニアの可能性の違い

解説してきた通り、社内SEとフリーランスエンジニアは全く異なる生態であることが分かるでしよう。社内SEはその会社のシステム全体に携われることになりますが、逆に言えば、その会社の枠組みを超えることはありません。

一方、フリーランスエンジニアは様々な仕事に携われる可能性があります。特にここ最近は技術の進歩が激しく、社内で雇用してシステムを開発することはほとんどなく、外部の技術者に依頼するのが当たり前です。専門的な技術を身に付けて仕事をするのであれば、社内SEではなくフリーランスエンジニアの方が可能性があるとも言えます。