社内SEのお仕事




人にはそれぞれ向き不向きがあります。
エンジニアといっても技術を極めたい方もいますが、技術はそれほどで
はなくてもコミュニケーションスキルに長けた人もいます。

本ブログでは技術を極めたい方を中心に書いてきました。
しかし、エンジニアは技術を極めたい方ばかりではないでしょう。
以前よりは改善されたとはいえ、納期に追われて強いプレッシャーのも
と作業する
ことがしばしばです。
エンジニアにはなりたいけど、そこまでは・・・・もう少しゆとりのあ
仕事がしたいという方もおられるでしょう。
 
そういう方には社内SEというお仕事があります。

正直、社内SEといっても様々です。
中小企業で、他の業務をお持ちの社員さんが兼任という場合は相当の激
務になってしまいます。
ただ、フリーエンジニアが現場常駐されるような社内SEのお仕事は大
体が
大企業で、業務分担がされており、一人当たりの負担が少なくなっ
ていることが多いのです。
 
今回は少しフリーエンジニア案件に多い、大企業の社内SEについて見
ていきましょう。
 
フリーエンジニア向けの社内SEの案件は結構あります。社員のお仕事
と思われがちで、
実際社員の方は多いのですが、先述の通り、大企業向
けのフリーエンジニア常駐の案件もあります。
 
ではどのようなお仕事なのでしょうか。幾つか箇条書きにしてみましょ
う。
 
・基本的には社内のIT管理・よろずご相談所
 
大企業から中小企業までこれは共通です。基本ITインフラの御守です、
トラブルが起こらないよう
運用します。もし何かトラブルがあれば社内
SEにご相談が行き、これを解決するのがお仕事です。

社員さんのITスキルは様々で当然かなり初歩的なこともご相談されるこ
とがあります。

中には怒っている方もいるので、うまく対処することが必要です。基本
コミュ力が必要といわれるのはそのせいです。
 
 
・メインタスクは開発より運用・保守
 
社内システムの大規模な改修、開発がある場合は、社内SEよりはベン
ダーを使った
開発案件になることが普通です(その際は発注元となりま
す)。
小規模な開発は行う場合がありますが、それは部隊の規模とスキルによ
ります。
 
・運用・保守とは具体的には?
 
基本的にはこのようなものですかね。
・トラブルサポート
・ネットワーク管理や障害の対応
・外注やユーザー管理の調整
・システム全般の管理
・社内IT資産の資産管理
・サーバー管理や障害の対応
 
先ほど運用・よろずご相談所といいましたが、結構多いですよね。
だから中小企業で兼務で一人でされる場合は結構大変なのです。
しかし先ほども申し上げました通り、大企業の場合は上記の業務が業務
分担されているものです。
 
私の前いた会社では各社員のトラブルサポートは全て社内イントラ受付
で、すべて追番がうたれステータスは逐次依頼元がチェックできるよう
になっていました。
その案件の担当社内SEも受付時に割り振られますので、責任が明快で
お互いに忘れ・漏れがおきにくいシステムになっていました。



・良い点・悪い点 ~向いている人は?~
 
良い点は明らかでしょう。締め切りに追われて徹夜・徹夜などというこ
とは
おこらないようになっています。
また大企業では、業務分担がされている
ところが多いこともあります。
更によろず相談所の性格があるため、比較的多くの
技術を広く浅くとい
った形で知ることができます。

悪い点というのは良い点の裏返しです。
広く浅くというということは逆にスペシャリストの
エンジニアにはなり
にくいということです。

また、社内のトラブルサポートですので、対応する相手は
色々な人がい
ます。時には理不尽な要求もあるわけです。そこで大トラブルになって
も困るわけで、円く収める能力が必要です。
対人関係でストレスをためてしまう人だと却って社内SEの方が厳しい
ということが
あるでしょう。
 
 
やはり技術的な指向と、人間関係の対応力、そこが向き不向き。分かれ
目です。
 
現在は、あまり厳しい働き方よりは社内SEの方を志向され、そして余
暇に自分の好きな技術を極めるという方
も増えているようです。
 
思い当たる方、検討されてみてはどうでしょうか。