ITエンジニアのキャリアとフリーランスという選択肢

 

ITエンジニアという名目で仕事をする場合、いろんなタイプ職種を含んでいます。

例えば、Web開発関連のエキスパート、スマホアプリの専門家、現場系システムの業務を整理してシステム化する職人、ハードもクラウドもお任せのインフラアーキテクチャ、システム開発のプロジェクトを統括しチームを引っ張るプロジェクトマネージャ・・・etc。
多様なありかたのあるITエンジニアですが、そのどれもがスキルを身に着けることで環境や立場が変わっても働ける、いわば「手に職」という面を持っています。 そんなITエンジニアのキャリアとフリーランスになるということを考えてみましょう。

エンジニアとして働き続けるうえで、目指す場所は?

 

日本では多くのITエンジニアは就職して会社員となるところからそのキャリアが始まります。 ITエンジニアになりたいという動機を持って就職する方もいるでしょうし、他に就職先がなかったのでというパターンもあるかもしれません。

いずれにせよ会社員としてまずはコーディングやテストなどプログラムそのものに近いところから始まるのではないでしょうか。 経験を積み立場が上がっていくと、だんだんと設計を行ったり、サブシステムのまとめ役になったりと、プロジェクトを広い視点で見る立場になっていくことが周りからは求められていきます。

さて、日本のITエンジニアとして働き続ける場合にはこの辺りで自分の進むべき道を考える時期となります。

どのようなエンジニアであろうとも、技術者としてのスキルを高めてその道のエキスパートを目指すのか、それともシステムやアプリケーションを開発/運用するうえでのプロジェクトを管理する立場を目指すのか。この二つが大きなキャリアの選択肢です。

ここで考慮しなければならないのが、日本のIT企業では「技術的なエキスパートよりもプロジェクトの管理者としてのエンジニアの方が会社内の評価が高いことが多い」という現実です。

これは売上や利益といった面でわかりやすく影響範囲が広くなることが一因なのですが、海外のIT先進国のようにスーパープログラマーといわれる技術的なエキスパートが生まれづらい要因ともなってしまっています。

なぜ働くのかを考えてみる

 

そもそも何のために私たちはITエンジニアとして働いているのでしょうか?

・生活の糧を得るため?
・IT開発を通しての自己実現のため?
・IT関連の技術やガジェットが好きだから?
・効率的にお金を得るため?

それぞれにそれなりの理由があってITエンジニアの道を選び働いているのだと思います。そこに正解/不正解はなく、自分で選択した理由であればそれでよいはずです。


ただ、それなりの理由があって選択したITエンジニアのはずです。日々の忙しさに追われて、なぜ自分がその道を選んだのか見失ってはいないでしょうか?本来やりたかった/なりたかったITエンジニアとしての仕事ができているでしょうか。


会社という組織の一員として働く場合、本来やりたかったこととは関係なく、しなくてはならないことをしている状態となってしまう状況も多々あります。例えばIT技術に関わりたくてITエンジニアになったのに、プロジェクト管理に追われてどんどん技術的な現場から離れていってしまう状況です。


反対に日々の糧を得るための仕事としてITエンジニアを選んでいる場合、今の仕事は効率的にお金を稼いで生活できていますか?生きるために働くはずが、働くことしか考えられない状態になってはいないでしょうか?

フリーランスとなることは必須ではないけれど

ITエンジニアとして働いている自分を見つめなおしてみて、働く意義を考えた時に「なんだか違うな」と違和感を持つ方もあると思います。

あなたが会社員であれば組織の中でどのように自分がしたいことをするのか、上司に働きかけるのか、自社チームを考え直すのか、それとも所属する会社や部署を変えるのか。そういった手立てをまずは考えることかと思います。


それでも自分がITエンジニアとしてしたい仕事ができない、自分の望むライフスタイルを実現できない場合にはフリーランスという選択肢を考えてみるのもよいでしょう。

フリーランスとして働くことで、時間、金銭、仕事内容、自己実現といったものが満たせるのであればとても良い選択肢になり得ます。確かにフリーランスであればやり方を工夫することでいずれも実現する可能性はあるのですから。


一方でフリーランスとして働くことにはリスクもあります。フリーランスのITエンジニアであれば大きな元手は必要でないことが多いですが、ランニングコストも必要ですし、仕事がうまく取れないこと、うまくやりたい案件と出会えないこともあり得ます。


せっかく会社員を辞めて保証されていたものを捨てて、フリーランスになるのです。やりたいこと実現したいことができないのであれば本末転倒です。 そんな状況を避けたいのであれば、案件情報サイトなどサポートしてくれる仕組みを利用することも大切です。一度相談してみて感触を確かめることも必要ですよ。