スキルアップしたいエンジニアさんのために ~意外とお得な勉強会~




エンジニアさん頑張っておられますでしょうか。
ここで何度も言っていますが、スキルアップ大事です。
いまは本も一杯出ていますし、ネットでも色々リソース探せます。
 
でも中々ペースメーカーがないときついのですよね。前どなたかが、言っていましたが、大学受験の話ですが、予備校の効果を言っていました。
とにかく良い授業とか参考書、問題集はいまリソースとして十分ある。しかし受験産業がますます大きくなっているのは何故か?ということになります。
 
やはり受験のような集中的な勉強に関しては、モチベーションと集中力を保つのが一番難しく、それを保つのがスクーリングの効果な訳です。勿論独学オンリーで成功される方もいる訳ですが、ごくまれです。モチベーション下がった時に叱咤激励し、集中力が落ちているときは指摘し、アドバイスする、そこが一番重要な訳です。
 
回りくどい話ですが、これはエンジニアのスキルアップにしても同様です。
この言語や技術をマスターしたい、どんなエンジニアでもなりたてのころ思うものですが、本を買ってきてもなかなか時間の捻出と集中力が持たなくて、読み進められなく、挫折してしまう。
 
社会人になるとやはり自分をよく知って、モチベーションと集中力を保つ方法を自分で技術として持っていることが重要ですね。
 
自分では無理だと思われたらスクールに行くのが良いでしょうが、大手のスクールですとかなり費用が必要です。さすがに高いお金を払っていると、いたれりつくせりですが、勇気が必要です。合わなかったら。。。と思うと躊躇する人も多いと思います。



そこでおススメなのが、私も実はよく行くのですが、「IT勉強会」のようなものが良くあります。
エンジニア系に多いのですが、テーマを決めてかなり廉価でやっているのです。大体数回セッションで、1回あたり2000円位、教育のプロではありませんが、実績のあるエンジニアの方が講師やチューターをやっておられる方が多いですので、信頼ができると思います。
中には企業が自分の製品のPRも絡めて行っている場合があります。紹介サイトではそのようなものも一緒に掲載されています。当然製品のPRが目的ですので、無料の場合が多いです。ただ、どうしてもマイナーな製品が多いですが。。。。そこは上手く使いましょう。
 
一つのテーマで3、4回単位で勉強会しているもの、グループを作ってそのなかでずっと続けているもの色々です。自分にあった方法を見つけたいものです。
 
そのようなIT勉強会が掲載されているサイトがいくつかあります。いくつか代表的なところをご紹介します。
 
1.TECH PLAY
昔はdotsといっていました。私はよく使っています。キュレーションサイトで他から情報を集めてきており、IT系という意味では網羅性が高いのではないでしょうか。
いま競合が多く、オリジナルなイベントがあまりないため、
対抗上かなりユーザビリティは高いですね。特にカレンダー機能があってとても便利です。

テクノロジーだけでなく、IT系の懇親会、交流会も多いですね。運営はパーソルイノベーションさんです。
 
やはり懇親会、交流会はおすすめしたいです。どうしてもそういうのが嫌な方は多いですが、情報交換の場になります。色々な会社、業種、経験を持った人と話していると小さい思い込みが晴れる場合も多いので、意識高い系とかリア充とか思わず、そこも重要な勉強と思った方が良いです。
 
2.ATND
これはリクルートさんが運営しているサイトです。IT系もありますが、何でもありのイベント主催者、参加者のマッチングサイトです。主催者がすべて無料で運営管理できるので、ページを作るのが面倒な場合ここに掲載しておけばOKということがあります。小さな飲み会もあります。
 
3.connpass
 
BeProudさんが運営されているサイトですが、これは単発イベントよりもグループ作りを狙って作られています。
いかにもコアなグループが多そうなカテゴリーが(Python、GO、データ解析など)。他もそうですが、ログインは当然SNSと連携していますが、エンジニア主体らしくGitHubの連携がそれらしいといった感じですね。
 
ほかにDoorkeeperもありますが、まだ私は使ってなくてごめんなさい。

やはりいくつか登録して自分にあうものを使ってみるというのが良いと思います。自分のペースに合わせて固定
グループでずっとやるのがいいのか、3,4回単位の勉強会を繰り返すのか。
結構これははまりますね。



ただ、一つお約束いただきたいのは、企業の無料セミナーのように無断キャンセルを大目に見てくれるという訳ではないということです。
費用がかかるものは大体本当に実費程度でされているものが多いのです。
まずはキャンセルに対する説明、注意をあらかじめ読んでおいてほしいですね。予定決まってないけど、軽い気持ちで登録しておこうというのは慎重にしたいですね。

Line@にご登録ください!

Line@にお友達申請いただくと、随時新しい案件情報などをお届けいたします。