開発者ブログのすすめ(2) ~書き方とおすすめブログ~




前回は開発者ブログの中で、企業で運営しているものをいくつか
ご紹介しました。
開発者ブログが役に立つのは前回も申し上げました通り、読むことだけ
でなく
書くことも役に立つのです。
少しハードルは高いですが、色々役に立ちます。習慣として自分の中に
上手く取り入れ
られればよいと思います。
 
では書くメリットを具体的に見ていきましょう。
 
<メリット>
①アウトプットする習慣が身につく==>勉強する習慣が身につく
 
自分の知っていることをアウトプットするとき、普通読む人を意識しま
す。
前提知識を共有している会社の同僚ではなくて、知らない人、またはも
っと知っている人
がみるかもしれません。となると前提を誰にでも分か
るように書く必要が出てきます。

また自分の知識が正しいのか、きちんと確認することも必要です。この
ようにアウトプット
をすることは自分に対するインプットを整理する機
会となります。
それが習慣になっていきますと、自分の知識がきっちり体系化されるよ
うになります。
 
いや特に読む人なんて意識しないよといわれるかもしれません。でも何
かの拍子に
他の人から質問、コメントがあったりします。すると、どう
しても確認するため
調べたり、勉強したりするものです。それが段々楽
しくなって予め知っていることでは
なくて、新たに勉強してアウトプッ
トするようになります。

それが習慣になりますと、勉強する習慣が身につくようになります。
それが例えば週に1回、長い間続きますと、勉強する習慣が身についく
ことになります。
これは結構大きいことではないでしょうか。
 
②アウトプットする習慣が身につく==>コミュニケーションスキルが身
につく
 
上記の通り、読者を想定して自分で説明を考える習慣をつければ
相手によって説明を変えながら対応するコミュニケーションスキルが身
に付きます。
エンジニアの中にはどのような相手でも同じ説明をして、分からないと
相手が悪いと
判断してしまう人がいます。
読者がついてきますと、反応でわかるようになりますので、いやでも意
識するようになります。
文章力も同様です。色々工夫するようになってくるでしょう。
 
③自分のやってきたことの記録になる
 
転職や新たな案件応募の際に自らのスキルシート、職務経歴を提出しま
す。その際にブログの履歴をみれば
いつにどの仕事をしたか、どのよう
な内容だったか思い出す材料になります。これを主目的につけておられ
方も多いようです。
また、ブログを参考資料としてお知らせすればスキルの詳細な説明とな
ります。
 
④自らの存在をPRできる
 
だれもが考えることではないでしょうか。ただ、開発者ブログは数多く
あるので、よほどのことが
ないとブログ全体が目に留まることはありま
せん。
そこでブログ全体をPRするより、個々の記事に対してPRしましょう。
特定の技術に対して詳細に掘り下げると、他に同様の文書がない場合、
検索エンジンに引っかかり
やすくなります。躓きやすい内容に対して、
面倒がらずに丁寧に書くと、思わず多くのアクセスが
集まることがあり
ます。これはブログをランディングページとしたWEB PR方法といえる
でしょう。
いまGoogleの検索エンジンはキーワードに対して簡潔かつ丁寧に書く
と、個人ブログでも意外に
上位に入る場合があります。
 
ある特定の技術に強いことが分かればそこからコンタクトが来て仕事に
つながることもあります。
はっきりいってスパムが大変多いのですが、コンタクトフォームをおく
ことにしましょう。
 
⑤ノウハウの蓄積
 
自分の知ったノウハウをIT業界に蓄積して活用してもらう、公共的な意
味があります。
誰でも知っていること、あまり意味がないからと臆することはありませ
ん。書き方によって
読み手によりよく理解できることがあります。
 
以上メリットです。結構大きいと思いますよ。あまり最初からハードル
を上げずに長続きできる
やり方を考えましょう。
 
<ブログツール>
 
なにを使って書くか、まずえらびましょう。
ここでは3件ご紹介します。
 
・ブログだけを書きたい人
①Qiita(無料)
 
エンジニア、プログラマーのための情報共有サイトです。
まあ誰でも知っているのではないでしょうか。コードハイライトなど
ンジニア向けに編集しやすくなっています。
情報共有サイトですので、他のエンジニアに共有してもらうとコントリ
ビューション
ポイントがつきます。エンジニアオンリーであるため、あ
まりにもありきたりだと埋もれてしまうことがあります。
他のブログを
見てから書く内容を決めましょう。
 
②はてなブログ(無料)
 
ご存じはてなブログ、ブログサイトの老舗です。コミュニティ機能が強
く、同じはてなブログの
ユーザーからアクセスが大量に集まることがあ
ります。
あらゆる分野のブログがあります。
雑談も含めた緩めの内容を書く場合にはよいでしょう、
 
・総合的なサイトを目指す人
③WordPress
(URLはサーバサービスによる)
 
これはご存じCMSで、サイトを簡易に作れます。
著名なレンタルサーバサービスには殆ど無料でついています。
大体月数百円程度で独自ドメインをつけるなら+αの価格となります。
 
ブログ以外に書くことがあり、ブランド化を求めている方はこちらでや
るべきでしょう(フリーの方などはこちらでやると高級に見えます)
上記無料ブログと比較すると敷居は高いですが、ブログ画面のカスタマ
イズができるなど
こちらは機能が多いです。
 
当然本ブログはWordPressで書いています。
 


<内容>
 
検索エンジンで各ブログ記事がひっかかることを考えましょう。
自分の書きたいテーマを決めたら、どの様な人が見るのか考え、検索エ
ンジンのどのような
キーワードで探すか考えてみましょう。それらを
・タイトル
・記事内容
にちりばめます。内容は2000字程度が良いです。
 
記事には1つのテーマに絞って書くようにしましょう。
画像やコードをブログ内に2か所程度挿入すると効果的です。
また守秘義務がありますので、書いてよい内容は精査しましょう。
職場が具体的に分かるような内容は、許可を得ていない限りNGです。
 
<個人ブログご参考>
 
とにかく書き続けることが必要なので、あまりハードルを上げないよう
しましょう。
検索エンジン対策は少し余裕ができてからでも良いと思います。楽しん
で書きましょう。
 
①IT女子のHappy×IT日記
 
実は2017年で止まっていますが、肩の凝らない内容です。1回1回トピ
ックを決めて、書いています。
 
②「Javaを復習する初心者」が復習・学習するブログ
 
特定のテーマに沿ったブログです。今更新は不定期ですが、継続中で
す。
 
③おうちIT
 
フリーエンジニアのお母さんが書いているブログです。とてもきれいに
読みやすく
書かれています。技術内容だけでなく、働き方・暮らしも含
めて書き手の息遣い
が聞こえるようなブログです。こういうのはいいで
すね。
 
さていかがですか?何度も書いていますが、まずは続けることです。技
術的内容
オンリーだと厳しい方はいろいろテーマをちりばめてみましょ
う。楽しんで書くことが
鍵ですね。