エンジニアたちの働き方改革




勤怠ということばはITエンジニアからみで非常によく聞かれます。
あのエンジニアさん、技術はすごいけど、勤怠が。。。などありがちで
すね。
普通、勤怠ということばは普通のサラリーマンの世界ではあたりまえす
ぎて話題にもなりません。遅刻しない、休む時は病気なら上司に連絡あ
るいは、
有給休暇などで予め認められたとき、というのは普通ですが、
大体エンジニアは
しばしばそのルールが守られません。それは長い歴史
があるのです。
 
以前メーカーのIT部門にいたとき、多くの開発プログラマーと一緒の職
場いたのです。
本来勤怠管理には厳しい会社でしたが、かなり大目にみ
られていた感があります。
どうせ帰るのは深夜だからと、出社は午前10時半ころがほとんど、当時
始まったばかりのフレックスタイムの
コアタイムぎりぎりです。本来始
業の9時には管理職・スタッフ部門以外ほとんどいないという
ことがし
ばしばありました。

打ち合わせはほとんどPMから夕方で、夕方6時すぎないとエンジンがか
からない
という人がたくさんいました。まあかつては遅くなってもタク
シー代は問題なく出たこともあります。いまは
よほどのことでないと出
ないので、どうしても時間が数時間前倒しされます。
 
ひどいのになると「あれ、今日あいつ見なかった?」とかいうのもあり
ました。1日しらっといなくても
さほど問題にはなりませんでした。
勤怠が自動計測でなかったので、上司が問題ないよう、適当に丸めてい
たというのでしょう。

いまPCに電源入れると出社、切ると退社と自動計測して、修正するこ
とは不可能となるともうごまかしようがありません。
となるとさすがに
正常化されますよね。やはりしつけの問題なので、許されないとなると
変わってくるようです。
 
許される職場があるのが問題なのでしょうか。現在でも勤怠がひどいエ
ンジニアはかなり多く、
エンジニア募集要項にしばしば勤怠良好なもの
限るなど条件づけられていることがあります。

勿論条件として良いに越したことはありませんが、問題はスキル
や人
物、そして勤怠の優先度をどう見るかということです。
昔よりは許されなくなっているでしょうか?いまでも社会人としかなり
厳しい人も相変わらずいるのです。
多分、社会人になったときの環境によるもので、もう直すのは難しいな
という人もいます。
 
これからエンジニア不足のなかでどうなるのでしょうか?他の職種と比
べて多いのはそれでも
許されてきたからです。フリーの方ですとスキル
さえあれば、それでも良いという職場があれば
生きていけます。
正直あまり減りそうにもありませんね。
 
ただ、職場環境という意味では随分変化があります。働き方改革です。
かつては工完(開発プロジェクトの完了締め切りのことです)間近にな
ると徹夜続きで風呂に入れず、洗面所を
風呂代わりに使っていたひとも
いましたが、さすがにすこしはもう少し計画的な工程管理がされるよう
なったようです。昔はどうせ最後徹夜だからと、最初に余裕をもち過
ぎていたこともあるでしょう。
はたからみてもう少し計画的にやればい
いのにと思っていましたが。


 
いまは一般的にそこまでひどくはありません。
製品開発、SI、人手不足はありますが、あまりにひどい職場環境だとエ
ンジニアが集まらないし、働き方改革もあるので、
大手企業だとはやく
帰りなさいと見回りしてるようです。
ただ、納期が変わらないのに時間短縮するとそのせいでうまくいかない
プロジェクトもあるようです。

そのために生産性向上への取り組みはまったなしです。昔は生産性など
どこかに置き忘れた働き方
していましたから。生産性に手を付けられる
のはよいことでしょう。
また人海戦術といわれた日本の開発現場が少し変われば、どの開発に労
力をかけ、どれにかけないか、
いろいろ考えるようになってくるのでは
ないでしょうか。
 
今IT業界が人海戦術だったことが色々問題になっています。スーパーエ
ンジニアが生まれにくい原因をそこに求める人もいます。いま改革の時
期なのではないでしょうか。